MENU
アーカイブ
石川パパン
ベトナム人女性と国際結婚。YouTubeやTikTokに動画投稿。カクヨムで私小説の国際結婚物語執筆中。【カクヨム運営の公式レビュー】「聞こえますか、このメッセージ」4選に選ばれる。

たまごボーロを赤ちゃんに食べさせた感想レビュー

たまごボーロを赤ちゃんに食べさせた感想レビュー
こんな人に読んでほしい
  • 生後7ヶ月から食べることのできるおやつを探している
  • たまごボーロの商品レビューを聞きたい
  • たまごボーロが好き
パパン
YouTubeに動画投稿やWEB小説を執筆している石川パパン(@papanvlog)です。

我が家は生後11ヶ月までベビー用のお菓子の類を食べさせたことはなかったんですよ。

初めて娘にベビー用のお菓子を与えたのは、アンパンマンのベビーせんべいでした。

もうね、娘がこれは何だ? 何だ? と思いながらも口に入れて食べる姿を見て、親バカだと言われてもいい。にんまりしましたよ。

今回は、娘にたまごボーロを初めて食べさせた感想レビューとなります。

目次

たまごボーロを購入したきっかけ

たまごボーロを購入したきっかけ

ベトナム人の妻がハンドメイドにハマってまして、ダイソーの100円ショップに家族で行ったんですよ。

妻はハンドメイドコーナーをあーでもない、こーでもないと長時間眺めていました。

一方、私はそれほどダイソーで探しているものはなく、娘を乗せたベビーカーでひたすら店内をゆっくり回っていました。

その時に、たまごボーロが目に入ったんです。

パパン

娘はアンパンマンのべびーせんべいでお菓子を食べるデビューもしたし、次は違うお菓子を食べさせたいなぁと思ったね。

ママン

ママがハンドメイドの商品を購入する時、いっしょにたまごボーロも買ってよって言ってきたよね。

パパン

そうだね。


つまり、たまたま100円ショップで売っているのを見かけて購入したのがきっかけですね。

たまごボーロを初めて娘に食べさせた結果

たまごボーロを初めて娘に食べさせた結果

娘にたまごボーロを食べさせた時期は生後11ヶ月なのですが、この時期って食べ物じゃなくても何でも口の中に入れるんですよ。

シュレッダーのコンセントを紐で結んでいたのですが、目を離した隙に娘は紐をひっぱってほどいて、コンセントの先端を口に入れて舐めていたことがありました。

たまごボーロを娘に見せたら、すぐ手を伸ばしてきましたね。

たまごボーロを手に取って口の中に入れてましたよ。

たまごボーロを初めて娘に食べさせた結果

大人の私が言うのもあれですが、たまごボーロって大人が食べてもおいしいんですよ。

歯で噛まなくても唾液だけで溶けていきますからね。

娘もたまごボーロを口に入れ、食べたことのない味だけども、これはいけるみたいな感じになりました。

だってまた手を伸ばしてたまごボーロをつかみ口に入れましたからね。

たまごボーロを初めて娘に食べさせた結果

おいしくなかったら、また食べようとしないと思うので、よっぼど赤ちゃんの娘にとっておいしい味だったのかなと感じましたね。

ママン

初めて娘がたまごボーロを食べる動画はこちらです。

たまごボーロを初めて食べる赤ちゃん【生後11ヶ月のまいちゃん】

パパン

私も久しぶりに娘といっしょにたまごボーロを食べたのですが、懐かしさとともに、まさか娘と一緒に食べる日がくるなんてと感激しましたね。

さいごに

赤ちゃんにとって、一口サイズでたまごボーロを食べることができるので、アンパンマンのベビーせんべいと比べると食べやすいと感じました。

また、ベビーせんべいを娘に持たせて食べさせた時、娘の両手がベビーせんべいがヨダレで溶けてドロドロ状になったものが手についていました。

汚くなった手で他のものを触ろうとしたので、手をきれいにタオルでふきましたね。

たまごボーロは一口サイズなので、おでかけ時に娘が小腹が空いたらたまごボーロを食べさせるのもありかなと思いました。

親がたまごボーロを娘の口に入れてあげる分には娘の両手が汚れなくてすみそうですからね。

ただ、娘が手にとってたまごボーロを食べた時は、手に溶けたたまごボーロがついていました。

ママン

まぁ、手が汚れようとも娘がおいしくたまごボーロを食べてくれればそれでいいんですけどね。

パパン

食事後、タオルで手をふいてあげてばいいだけだからね。

ママン

ちゃん、ちゃん。

たまごボーロを赤ちゃんに食べさせた感想レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

WEB小説

カクヨムと小説家になろうとnoteでIshikawa Family国際結婚物語を執筆中です。【カクヨム運営の公式レビュー】「聞こえますか、このメッセージ」4選にIshikawa Family国際結婚物語が取り上げられました。総文字数16万字超え中です!

目次
閉じる