MENU
アーカイブ
石川パパン
ベトナム人女性と国際結婚。YouTubeやTikTokに動画投稿。カクヨムで私小説の国際結婚物語執筆中。【カクヨム運営の公式レビュー】「聞こえますか、このメッセージ」4選に選ばれる。
\ 最大10%ポイント追加! / 詳細を見る

2022年、日本の3分の1は空き家時代が到来する!マイホームが欲しいのならば待つのが正解なのか

こんな人に読んでほしい。

  • 将来、マイホームが欲しい。
  • 最近、空き家が増えてきたと感じている。
  • いつ家を購入したらいいのか悩んでいる。

パパ
YouTubeで動画投稿もしているIshikawa Familyパパです。

日本人の「住まい」は5年後から大激変する 高嶺の花だった不動産が一気に身近にの記事を読んだのですが、日本は空き屋の家が増えてきていて、5年後には住宅事情が変わる旨のことが書かれていました。


私は住宅事情に関して詳しくないですが、少子高齢化で日本の人口が少なくなってきているイコール空き屋率は増えることぐらいは何となく予想していました。

目次

日本の空き家の叩き売りが始まる!?

需要と供給のバランスがくずれれば価格破壊が起きるのは必然です。

バナナの叩き売りみたいなことも起きる可能性だってあります。

5年後、今よりも安くて広い住宅を誰でも手に入れることができる時代がくるのかもしれないですね。

何故、このような話をしたのかというと、私の理想はベトナムと日本を行ったりきたりのハイブリットな生活をしたいからです。

魚釣りでがまんして待つことを学んだ

私は一時期、釣りにはまっていたことがありました。

釣りというのは、釣れる時は入れ食いみたいに簡単に魚を釣ることができますが、釣れない時はいくら待っても釣れないです。

例え魚が釣れなくても焦らずにじっと待つ。

魚釣り経験は、がまんして待つことの大切さを学ぶことができました。

5年後に日本の住宅事情が変わるのならば、辛抱強く待っていればよいのです。

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギスではないですが、5年後、日本の住宅事情に関して、私たちファミリーに有利な選択肢が広がっているかもしれないのだから……。

3Dデジタルオープンルーム【みなトク】

ベトナムの土地を所有している義理の母親

ちなみにベトナム人の妻の母親は土地を所有しています。

妻の父親が生きていた頃、2人で汗水流してお金を貯めて購入したらしいです。

私たち夫婦は、いっしょに妻の母親の所有する土地を見に行ったのですが、日本と比べるとずいぶんと広い土地面積だなと感じましたね。

パパ
建築費用さえあれば、そこに大きな家(日本で言う豪邸)を建てることも可能ですね。また、義理の母親は、所有している土地は想い出のものなので、できれば売りたくないと言っていました。

【モトブログ】バイクで彼女の親が購入した土地を見に行く!途中、猫や鳥を発見♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

WEB小説

カクヨムと小説家になろうとnoteでIshikawa Family国際結婚物語を執筆中です。【カクヨム運営の公式レビュー】「聞こえますか、このメッセージ」4選にIshikawa Family国際結婚物語が取り上げられました。総文字数16万字超え中です!

目次
閉じる